Civilization V CIVILOPEDIA Online
社会制度
民主主義の兵器廠

制度分岐:

自由

思想的教義レベル:

レベル2

必要条件となる時代:

産業時代
民主主義の兵器廠

ゲーム情報:

民主主義の兵器廠
軍事ユニット生産時にproduction生産力+15%。軍事ユニットを贈ることによって得られる都市国家へのinfluence影響力+15。

歴史情報:

“民主主義の兵器廠”というフレーズは、1940年12月にフランクリン・ルーズベルト大統領が生み出したものだ。ラジオ放送中に誕生したこの言葉は、全体主義との闘いにおけるアメリカの役割を表現していた。つまり、同盟国とともに共通の敵を打倒するため、自国の民間産業に総力を挙げて軍需品を生産させることを示唆したのである。第二次世界大戦においても、その後の共産主義との冷戦においても、これはアメリカの非公式政策であり続けた。“民主主義の兵器廠”では、民間企業には基本的に“現金払い持ち帰り制”が適用され、市場価格に従って補償を受ける仕組みだった。